カテゴリ
お知らせ
release
試聴-Listening Sample
tour
BACKSTAGE
Moor Works TV
レーベル概要
以前の記事
検索
その他のジャンル
Skypeボタン
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:release( 44 )
Takka Takka " Migration "2008/8/27 On Sale!


Clap Your Hands Say Yeah(クラップ・ユア・ハンズ・セイ・イエアーCYHSY)ショーンが今作を全面プロデュース!、NY発Takka Takka - " Migration "(タッカ・タッカ - " ミグレイション ")、2008.08.27 MOOR WORKSムーアワークスより発売!



ショーン、そして同じ"CYHSY"のメンバーでもあるリー・サーゲント、R.E.M、Modest Mouseとの3マンツアー、今年20以上のフェスティバル参加で知られる、現ブルックリンミュージックシーンの中心的存在"The National"のブライアンがゲスト参加するなど、近年盛り上がるブルックリン・ミュージックシーンの集大成的アルバムとなっており、ファンならずともチェックすべき注目作品となっております!!

MOOR WORKS OFFICIAL WEBSITE ムーアワークス・オフィシャル・サイトにて詳しい情報がアップされています。



f0106929_9301864.jpg

[PR]
by moorworks | 2008-08-05 08:56 | release
Takka Takka "migration"
Takka Takka 新作にSean(CYHSY!),Lee(CYHSY!)参加!!

情報としては、全12曲入り(ボートラはお話中です。)

1.Monkey Forest Road
2.Silence
3.The Takers
4.Everybody say
5.(the optimists were right)
6.Homebreaker
7.Fall down where you stand
8.Lion in the waves
9.One foot in a well
10.(the optimists were wrong)
11.Change, No Change
12.You and Universe
[PR]
by moorworks | 2008-07-10 17:38 | release
CYHSYプロデュースTakka Takka新作発売決定!
かねてより噂されていた、というか当レーベルがお知らせしていたように、

Clap Your Hands Say Yeahのショーンがプロデュースを担当し、CYHSYのメンバーもゲスト参加をしているTakka Takkaの新作がついに登場!



詳しくはMOOR WORKS OFFICIAL WEBSITE ムーアワークス・オフィシャル・サイトにて近日中にお知らせ致します!
[PR]
by moorworks | 2008-07-08 16:52 | release
deep slauter/shift/TIALA more huge tiny
カオティックかつダンサブルなサウンド、息をつかせぬ展開、キテレツサウンドで疾走する圧倒感!関東ハードコア界の新星、deep slauter。高度な雑食性、ほどよい暴力感、ポリティカルなメッセージ性、高速プログレ感、おそらくどのジャンルにも収まりきらないそのサウンド!山形のシンボルSHIFT。アンダーグランド・ニューヨーク、カオティック・グルーヴの祝福!小岩が、いや日本が誇るカオティック・ハードコア・バンド、tiala。3つの共鳴しあう個別の感性がぶつかりあった強力スプリット・アルバム!

more huge tinyはタワーレコードでお買い求め頂けます。

[PR]
by moorworks | 2008-06-11 16:12 | release
Andrew Morgan セルフタイトル"Andrew Morgan"発売!
ハーバード大心理学専攻→韓国で英語講師。近所のちょっと頭良いお兄ちゃん風好青年が鳴らす、極上USインディー・チェンバーポップ!!2008/3/26に日本デビューを飾ったAndrew Morgan(アンドリュー・モーガン)の新作を世界に先駆け、日本のみでCD化決定!


『チェンバーポップ』・『オーケストラルポップ』と呼ばれる彼の音楽は、Andrewが自身のMySpace(http://www.myspace.com/morganandrew)上でヘビーローテーションして挙げているEverly BrothersやBeatles、Simon&Garfunkel、Zombiesといった往年の名アーティストからElliott SmithやSpoon、Of Montreal、Strokes、Rufus Wainwrightといった現在進行形の(インディー)アーティストの影響を非常にバランス良く自らの音楽性に取り込んでいるなといった感じのサウンドです。

特にソングライティングとメロディーに特筆すべき成長があり、チェンバー的な管弦楽器・鍵盤類との相性も抜群!

Sufjan Stevens(初来日ツアー東京公演ソールドアウト!)ファンにも自信を持ってオススメできる、いやSufjan程のカリスマ性・天才肌を感じさせない分、加えて韓国で英語講師なんていう話なども相まり、より身近な暖かさや心地良さを与えてくれています。

またフォーキーな曲ではBright Eyesを、流麗なアコギ捌きと唄心の共存はOwenをも彷彿とさせています。


アンドリュー・モーガンBIO

アメリカ・ミズーリ州カンザスシティー生まれの29歳。ハーバード大で心理学を専攻し、(つい先日まで)韓国・ソウルで英語講師を務める。

故エリオット・スミスのスタジオでレコーディングされ、Uncut誌などで絶賛集めた1stから4年、管弦楽器・鍵盤類を中心に前作を超える総勢33名

もの人数が参加した入魂のセルフタイトル2ndアルバムが登場!スフィアン・スティーヴンスから天性の才能を抜いて、その分親しみやすさと内省的

な哀愁をプラス。更に要所ではブライト・アイズやオーウェンの面影もチラッ見せる、優しさと暖かさが一杯の愛すべき極上USインディー・チェン

バーポップ!!2008年中の来日公演も予定中。


前作はデス・キャブ・フォー・キューティやナダ・サーフをリリースするシアトルの良質なインディー・レーベル、ソニック・ブーム・レコ−ディング

から発売されました。エリオット・スミス所有のスタジオで録音された前作は、エリオット・スミスなどのシンガー・シングライターが好きな方は勿

論、60年代のSSWが好きな方にもお薦め出来るような時代を超えた魅力を持つ、知的で詩的な洗練された音楽です。

f0106929_13495028.jpg

[PR]
by moorworks | 2008-05-05 09:49 | release
Chris Mills " Living In The Aftermath "2008/5/28 Release!
Chris Mills " Living In The Aftermath "
クリス・ミルズ " リヴィング・イン・ジ・アフターマス "

MWCDE-03 全10曲収録(希望税込小売価格¥1,925)
2008/5/28 on sale!

Chris Mills(クリス・ミルズ)の「Living In The Aftermath(リヴィング・イン・ジ・アフターマス)は、アメリカ随一とも言える放浪数を誇るこの吟遊詩人の最新作となります。ヘッドライナーの前座でスタジアムでのショウから、靴箱のように小さなクラブ、コーヒーショップに至るまで、20年にも及ぶツアー活動を続け、数え切れないショウを行ってきた彼は多くのミュージシャンと交流があり、最近ではBen Folds、Bishop Allen, Lucero, Limbeckらのアーティストと一緒に名前を見かけることもあります。永遠とも思われる無名時代を抜け出す為に、彼の今までの作品の中で最もエモーショナルな楽曲を本作に収録しました。

ニュースのヘッドラインやホラー映画、アドヴェンチャー映画や白黒の時代の映画からインスピレーションを得て、前作のThe Wall to Wall Sessions(ザ・ウォール・トゥ・ウォール・セッションズ)を踏襲する鮮やかな色合いのオーケストラル・ポップの肌触りは少なくなりました。今作ではよりアップテンポなロックンロール・ナンバーの応酬に自然と体は動き、その激しさの中で胸を締め付けるような、アメリカならではのドライながらもキャッチーなメロディーが耳を捕らえて離しません。
このアルバムへの参加メンバーには非常に多彩な顔ぶれが名を連ねています。トランペットでSea and Cakeに参加したDave Max Crawford, IDAの作品に名前のあるバイオリニスト、Jean Cook、Nico Case, Calexico,といったオルタナティヴ・カントリーの大御所の作品に参加したスティール・ギターのJon Rauhouseなどです。
Okkervil River'sやWilcoに並ぶアメリカの偉大なソングライターを彼を呼ぶ事は、決して誇張ではなく、多くのミュージシャンより認められた真実なのです。

Chris Mills Official Website オフィシャルウェブサイトはこちらです。



[PR]
by moorworks | 2008-04-23 10:08 | release
Pegasuses XL " The Antiphon "2008/5/28 Release!
Pegasuses XL " The Antiphon "
ペガサスズ・エックスエル " ジ・アンチフォン "

MWCDE-02 全12曲収録(希望税込小売価格¥1,925)
2008/5/28 on sale!

多くのバンドで別々の活動をしていた4人が共通の趣味である「バイク、コーヒー、読書」に対する賛美歌を鳴らすために結成された、シンセ×3+ドラムの超ハイテンション・バンド。それぞれがMCの役割を果たし、ビースティ・ボーイズさながらのかけ合いラップ、時に演説(?)を繰り出し、DEVOも真っ青な癖になる音楽を奏でる!第二次世界大戦に対する見解と、ドラッグに対する見解が同等のレベルで語られる独自の言語センス、ムーグシンセやピアノを取り入れたアップビートなバックに乗る高速MC、など一筋縄ではいかないニューヨーク・サウンドの真骨頂とも言えるべきバンドです。

過去に発表した3枚のEPからの収録曲を中心に構成された彼らのファースト・フルレングス・アルバムは、シンセに留まらず、面白いと感じた楽器を全てごちゃ混ぜに取り入れたカオティックな内容。38分に収められたとてつもなく濃い内容のハイエナジー・ローIQの作品です!Pegasuses XL Official Website オフィシャル・ウェブサイトはこちらです。



[PR]
by moorworks | 2008-04-20 10:05 | release
The Black Hollies " Casting Shadows "2008/5/28 Release!
Black Hollies " Casting Shadows "
ブラック・ホリィズ "キャスティング・シャドウズ"

MWCDE-01 全10曲収録(希望税込小売価格¥1,925)
2008/5/28 on sale!

スタイルを見つけることに懸命になり、一旦見つけるとそのスタイルに固執してしまうアーティストが多い中、The Black Hollies(ブラック・ホリーズ)は進化することを選んだ。2005年に発表されたデビューアルバム「Crimson Reflections(クリムゾン・リフレクションズ」では、60年代のソウルとポップを混ぜ合わせ、実験的な音楽として結実させリスナーに提示する事に彼らは成功した。その作品をプロモートする為のツアーにおいて、ライブから多くの事を学んだ彼らはその成果を制作に生かし、サイケデリック・ロックのサウンドに近づき新しい境地を開いた。

ボーカル兼ベーシストであり、メインソングライターであるジャスティンが中心となって結成されたこのバンドはニューヨーク、ニュージャージを拠点とし活動している。60年代のクラシック・ロックを現代に鳴らす、という趣旨で作られたバンドなだけに、そのサウンドは往年のロックをかなり彷彿とさせる。紛れもなく現在のバンドのはずなのに、見た目まで60年代の彼らはまさに現代へタイムトリップしてきたウッドストック世代のミュージシャンのようである。
現在進行形でステップアップしているバンドの代名詞とも言える活動歴であるCMJへの出演や、SXSWへの出演も果たしている。SXSWでのライブ・パフォーマンスは凄まじい伝説となっており、同じ時刻に演奏をしていたTed Leo、ジョーン・ジェットのケースから続々と人が集まり、踊り狂ったオーディエンスは関係者にも多くの印象を与えた。

テイストの似たアーティスト
Yeah Yeah Yeahs
The Hives
The Kills
The Stooges

THE BLACK HOLLIES OFFICIAL WEBSITE



[PR]
by moorworks | 2008-04-19 09:52 | release
Ernest Jennings Records3作品発売!
Moor Worksより2月にリリースされたClap Your Hands Say Yeahと密接なかかわりを持つTakka Takkaの所属レーベルであるErnest Jennings Recordsから新発売の3タイトルについて、Moor Worksが国内での流通販売を担当します。

どれもこれも素晴らしい音楽で、かなりセンスの良いレーベルなので非常に楽しみです。

[PR]
by moorworks | 2008-04-13 09:49 | release
速報!!Vitaminsforyou ビタミンズフォーユー2ヶ月連続リリース決定!

vitaminsforyou "The Legend of Bird's Hill "
ビタミンズフォーユー "ザ・レジェンド・オブ・バーズ・ヒル"
2008.4.23 ON SALE !



何とボーナス・ディスク付きの2枚組みでの発売です。19曲入りだった既発のUS盤を遥かに凌ぐヴォリューム、クオリティ。ボーナスディスクは驚きの10曲+ビデオ2曲入りのエンハンスド仕様。このボリュームで価格はほぼ1枚分と同じというリーズナブルな設定。Moor Works ムーアワークス初となる、ダンス・ミュージックCDは想像以上にカッコ良い!(でもロック好きにもいけます。僕らはロックが超好きです。)

MWCD-21
vitaminsforyou "The Legend of Bird's Hill "
ビタミンズフォーユー "ザ・レジェンド・オブ・バーズ・ヒル"
¥2,650

更にニュー・アルバム " He closed his eyes . . . so he could dance with you(仮)"が次月5月の28日にリリース決定!

更なる詳細はMOOR WORKS OFFICIAL WEBSITE ムーアワークス・オフィシャル・ウェブサイトにて間もなく発表しますのでお楽しみに!

ビタミンズフォーユー
For You!


f0106929_143252.jpg

[PR]
by moorworks | 2008-03-22 14:03 | release
   

仙台のレーベルMOORWORKS ムーアワークスのブログが新しくなっています→http://moorworks.com/news/
by moorworks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

New Releases At Tower

Oneida - Rated O
Anathallo Japan Tour 2008 At O-Nest
Parts&Labor - Receivers
Crime In Choir - Gift Givers


New Releases At HMV
HMVジャパン
Oneida - Rated O icon
Anathallo Japan Tour 2008 At O-Nest icon
Parts & Labor - Receivers icon
Crime In Choir - Gift Givers icon